windows defender を使って windows 10 pc を保護する

Windows Defender をオンまたはオフにする

Windows 10 を初めて起動すると、Windows Defender が有効になり、悪意のあるソフトウェアをスキャンして PC を保護する動作が開始します。別のウイルス対策アプリをインストールした場合は自動的に無効になります。
Windows Defender は、リアルタイム保護を使って、ダウンロードしたデータやプログラムおよび PC で使用されているデータやプログラムをスキャンします。リアルタイム保護を一時的に無効にするには、 [スタート] アイコン ボタンを選んで、 [設定] > [更新とセキュリティ] > [Windows Defender] の順に選びます。

Windows Defender の場所

Windows 10 では、Microsoft Security Essentials を使うことができません。しかし、同じレベルの保護を実現する Windows Defender が既に装備されているため必要ありません。
検索バーに、 「Windows Defender」と入力します。
結果から、 [Windows Defender] を選びます。コンピューターとウイルス対策のレベルを確認できます。

windows defender を使って windows 10 pc を保護する
windows defender を使って windows 10 pc を保護する

Windows Defender を更新する

PC の安全を確保し攻撃から保護するために、Windows Defender の更新プログラムが Windows Update によって自動的にダウンロードされます。

“windows defender を使って windows 10 pc を保護する” への 1 件のフィードバック

  1. 週に一度自動的にScanするような設定はをスタートからWindows Defender-設定と進んだが、有料のSecurity Softの宣伝しか出てこない。どうしたことですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です