csrss.exe クライアント サーバー ランタイム プロセス

CSRSS.EXE(クライアント サーバー ランタイム プロセス)は、ユーザーのWin32サブシステムの一部です。 Сsrss.exeは、コンソールアプリケーション、スレッドの作成/削除、および16ビットMS-DOS仮想環境を担当します。

Windows 10、Windows 8、Windows 7のタスクマネージャーで実行中のプロセスを調べるときに、csrss.exe(クライアント サーバー ランタイム プロセス)とは何か、特にプロセッサーをロードする場合があります。


ラップトップでは、csrss.exeプロセスは、コントロールパネルの設定に依存する電源管理方式に応じて動作します。実行中のcsrss.exeファイルの数は、オペレーティングシステムのバージョンによって異なりますが、Windowsでは基本的に1つのファイルのみですcsrss.exe

まず第1に、プロセスcsrss.exeはWindowsの一部であり、通常は1つ、2つ、時にはそれ以上のプロセスがタスクマネージャで開始されます。

csrss.exe クライアント サーバー ランタイム プロセス
csrss.exe クライアント サーバー ランタイム プロセス

多くのウイルスはアプリケーションの名前を使用してユーザーの疑惑を隠しています。特に、各端末セッションごとにプロセスの別々のインスタンスが作成されるため、サーバーマシンでは数十に達する可能性があります。ファイルcsrss.exeは常に “C:\Windows\System32”ディレクトリにあります。このファイルが他のディレクトリにある場合は、すぐに削除する必要があります。現在、数十種類のウイルスが知られています(たとえば、Trojan.Webus、W32.Dalbug.Worm、Spyware.LoverSpyなど)。csrss.exeという名前を使用してシステム内の可用性を隠しています。

CSRSS.EXE(クライアント サーバー ランタイム プロセス)の既知の問題:

  • 右クリックすると、Csrss.exeは100%CPUリソースを使用します。 Microsoftによると、ユーザープロファイルが破損しているときに問題が発生します。 [マイコンピュータ]タブの追加のプロパティで破損したプロファイルを削除します。
  • ディスクエラーなし – このエラーがcsrss..exeによって発生した場合、そのソースはIOLO System Mechanicプログラムになります。そのようなプログラムがインストールされている場合は、削除してください。
csrss.exe クライアント サーバー ランタイム プロセス (32 ビット)
csrss.exe クライアント サーバー ランタイム プロセス (32 ビット)

csrss.exeを削除または無効にすることはできません。結果としてOSエラーが発生します。プロセスはシステムの起動時に自動的に開始され、何らかの方法でこのプロセスを無効にすると、エラーコード0xC000021Aのブルースクリーンが表示されます。また、Winx64システムでは、csrss.exe クライアント サーバー ランタイム プロセス (32 ビット)として知られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です